【記憶】物忘れに効果的な5つの対策

コラム

人の名前が思い出せなかったり、やるべきことを忘れてしまったり..

日常生活の中でそのような物忘れをしてしまうことはありませんか?

筆者
筆者

よくある。。

記憶力は年齢とともに低下していきます。

高齢の方に限らず、若い方でも様々な原因により忘れっぽくなってしまうこと、物忘れがひどくなってしまうことがあります。

今回は、そんな物忘れ効果的な対策を5つ紹介します!

物忘れに効果的な5つの対策 結論

物忘れに効果的な5つの対策!結論はこちらです

物忘れに効果的な5つの対策【結論】
  • 運動をする
  • 睡眠をしっかりとる
  • メモをすることを習慣づける
  • 物忘れに効果的な栄養素をとる
  • 脳に刺激をあたえ活性化させる

これらの対策をとることで、物忘れを軽減させる効果がありますよ。

高齢の方は、認知症の予防にもなります。

筆者
筆者

では、実体験も踏まえて、詳しく紹介していきます♪

1.運動をする

物忘れの対策には運動が大切

最近、運動をすることが、記憶力など脳の機能にも効果があることが研究によって明らかになっています。

習慣的に運動を行うと、脳の中で記憶をつかさどる「海馬」という部分の神経細胞の数が増え、

記憶をする能力や、学習する能力が向上することが明らかになっています。


★記憶力を高めるためには、特に 10 分間(短時間)の中強度の運動が効果的

中強度の運動とは、 心拍数が若い人でおよそ 115~140 拍/分、高齢者でおよそ 100~120 拍/分になる運動です。

自分では、ややきついと感じる程度の運動がちょうどいいと言われています。

自転車をこいだり、簡単な筋トレを行うだけでも効果的ですよ。

運動を行うことで、全身的に血流も向上します。毎日の生活に取り入れることがポイントです。

ややきついと感じる運動を約10分間行うと記憶に効果的

筆者
筆者

10分間の運動でいいなら、毎日取り組みやすいね♪


2.睡眠をしっかりとる

物忘れ対策には、十分な睡眠を

物忘れの対策には、睡眠をしっかりととることが大切。

睡眠中に記憶を整理することが、すでに研究により明らかになっています。

記憶を保つために適した睡眠時間は6時間半~7時間半といわれています。

筆者
筆者

睡眠不足の日や、徹夜明けの日は、全然頭がまわらない!

そんな経験はどなたでもあるのではないでしょうか。

十分な睡眠をとらないと、記憶力と集中力、注意力が低下します。

脳のパフォーマンス自体が下がるため、いつにも増して物忘れがひどくなりますよ。


反対に、睡眠時間が長すぎるのも、生活のリズムが崩れやすくなるためおすすめできません。

睡眠をとりすぎて頭がぼんやりする..といったこともよくありますよね。

寝すぎることによって、脳が実年齢より7歳以上老化することも研究によって指摘されています。

睡眠不足も、寝すぎも良くないということだね

毎日規則正しく最適な長さの睡眠をとることで、物忘れがおこりにくくなります。

6時間半~7時間半の睡眠を規則正しくとることで、物忘れがおこりにくくなる


3.メモすることを習慣づける

物忘れにはメモすることを習慣づける

人なので物忘れがあるのは当たり前と、割り切ることも大切。

あれもこれも、すべて即座に記憶することは不可能です。

メモを上手に活用して、脳への負担を減らしましょう。


覚えておかなければいけないことがあったら、すぐにメモをとる!という習慣作りをしていくことが大切です。

メモをすることを恥ずかしがる人も中にはいますが、大事なことを忘れてしまって結果的に迷惑をかけるくらいなら、メモをとる方がよっぽど良いですよね。

メモをとることで、相手に誠実な印象を与えることもできるので、おすすめです。

最近は、メモ帳や手帳の他にも、スマートフォンのリマインダー機能やアプリを活用すれば、簡単にメモをとることができるので、使用してみましょう。

忘れるのは当たり前と割り切って、すぐにメモをとる習慣作りを!


4.物忘れに効果的な栄養素をとる

物忘れ対策には効果的な栄養素をとることが大切

最近の研究によって、脳の活動に関係する様々な栄養素がわかってきています。

脳の活動に関与する栄養素
  • 大豆にふくまれる ホスファチジルセリン
  • ポリフェノール(フェルラ酸など)
  • イチョウ葉エキス
  • ナッツ類
  • DHA・EPAを含む魚類

様々な栄養成分をバランスよく摂取することで、物忘れに効果があると言われています。

毎日納豆を食べて大豆成分をとることで、物忘れの改善を実感した人も多いようです。

お手軽に効果的に摂取したいなら、サプリメントがおすすめです。


物忘れにきく栄養成分をバランスよく摂取しよう

5.脳に刺激をあたえ活性化させる

耳のきこえが良くない方(難聴の方)は物忘れがひどくなりやすいです。

外部の音の刺激や、脳に伝えられる情報量が少ない状態になると、

脳自体が萎縮してしまったり、神経細胞が弱くなり、物忘れや認知症の発症に影響することが明らかになってきています。


筆者は病院勤めですが、家族が面会にこれず会話をする機会が減ったり、ベッドで何もしないでいる時間が長い患者さんは、物忘れや認知症がすすみやすい実感があります。

身体にも、脳にも、刺激を与えることが大切。

脳へ刺激を与える方法はいろいろあります

脳に刺激を与える方法

  • 人と会話する
  • 集団の中にはいり、活動をする(運動ももちろん効果的)
  • 脳トレや計算、音読をする
  • ラジオを聴いたり、TVを見たりする
  • 外出や旅行をする
  • 役割を担う
  • 趣味を作る
  • やりたいことや目標をみつけて取り組む

このブログでは、脳トレに役立つ手作り教材や、無料プリント教材を多数紹介しています。

ぜひそちらも併せて活用してくださいね。

無理なくできる範囲で、毎日取り組むと効果的です。

まとめ

物忘れ効果的な対策を5つ紹介しました。

大切なのは、簡単なことからで良いので、毎日取り組み、習慣づけていくこと。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪


コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. replica copy より:

    my single wide trailer is gone

  4. Ambigue より:

    Acheter Cialis Bordeaux stearkartect [url=https://bansocialism.com/]purchase cialis[/url] beiteval Cialis Nuevo

タイトルとURLをコピーしました